低血圧の症状を抑える~サプリメントでスッキリヘルス~

夫婦

血圧を下げるために

栄養補助剤

期待できる成分

高血圧は、血液を運ぶ動脈の壁に汚れなどがくっついて詰まりやすくなり、その分心臓が圧力を高めて血液を流そうとすることによって引き起こされる症状です。放っておくと脳卒中や心筋梗塞など、動脈硬化に関連した病気の原因となります。高血圧を改善する方法のひとつとして、サプリメントの服用がありますが、その際には、サプリメントに含まれている成分に注目する必要があります。カリウムやマグネシウム、マグネシウムなどのミネラル、悪玉コレステロールを抑制するオレウロペイン、交感神経の働きを抑制するタウリン、青魚の脂肪に含まれ、血管壁を柔らかくして広がりやすくするDHAやEPA、血圧を上昇させる酵素の働きを抑制するペプチドなどが、高血圧に効果があるとされる成分です。

血圧上昇の原因と対策

高血圧は脳卒中や心筋梗塞の原因となる症状ですが、同時に糖尿病などの合併症を引き起こしやすくなるとも言われています。それは、高血圧と糖尿病の危険因子が同じだからです。その危険因子となるのは、塩分の摂りすぎ、肥満、過度なストレス、大量のアルコール摂取、喫煙、運動不足などが挙げられます。高血圧を抑制するサプリメントはたしかに有効ですが、サプリメントは薬ではないため、高血圧を治療するわけではなく、サプリメントの服用と平行して生活習慣の改善をはかる必要があります。塩分控えめの食事を心がけ、適度な運動を習慣づけること、アルコールや喫煙を控えることなどが、高血圧の改善に有効な手段となります。ちなみに、高血圧はなかなか症状が出にくいと言われていますが、それでも後頭部から肩にかけての痛みや肩こり、めまい、手足のしびれ、吐き気や動機といった自覚症状が表われることもあります。